http://www.baggyport.com/
バギーポート/BAGGYPORTは、神戸発のカジュアルバッグ(革・帆布)、財布、小物のオリジナルブランドです。 テイストの違う5つのブランドで、オリジナリティあふれるバッグを作り続けています。
 
BRAND ブランド紹介
BAGGYPORTブランド紹介 BAGGY PORT バギーポート
「カバンは道具入れ」それがバギーポートの原点ともいえます。 つまり、シンプルで丈夫であること。道具入れとしての基本を守るそれこそ、バギーポートのこだわりというべきかもしれません。 シンプル・丈夫・間口は広く。タフで物が出し入れしやすいことは、カバンの絶対条件なのだから。 バッグとしての最低限の役割、機能を頑なに守りながら、素材から目に見えない細部の造りまで、デザイナーと職人がとことんぶつかり合い、納得のいくものを創り上げています。 バギーポートはこれからも、バギーポートならではのカバンを追及し続ける。 あなたの相棒となる「道具入れ」を生み出すために。
BAGGYPORTブランド紹介
BAGGY'S ANNEX バギーズ アネックス
メンズのコンセプトである、シンプルで丈夫。道具入れとしての基本を守りながら、シルエットやサイズ感など、女性目線でつくりこんだシリーズです。




BAGGYPORTブランド紹介
KOI コーアイ
“人と人”“人とモノ”の濃いつながりを大事にする想いを込め、新ブランド”KOI(コーアイ)=濃藍は生まれました。
何度も藍を重ね、理想の色に近づけていく
藍染の染色方法と同じように、私たちも同じく一人一人の想いを重ね理想の形を作り上げていきます。そして、“モノを運ぶコト”を通じてパートナーであるあなたに触れ、共感を得てこそ理想のカタチであると考えます。

BAGGYPORTブランド紹介
SEAGULL SHIP シーガルシップ
バギーポートの新ブランド「シーガルシップ」は、ヨットのセールを作る工場で偶然見付けた素材が発端になって生まれた。ヨット用の備品を入れる袋に使われていたその素材は、スペイン大手の生地メーカー「RECASENS」(リカセンス)のファブリックで、1冊のスワッチ(素材見本)を見た瞬間、素材としての可能性に創作意欲を掻き立てられたという。
 この素材は、テントや船舶のカバー、オープンカーのトノカバーといった雨風をしのぐものに使用され、ヨーロッパではロールスクリーンなどインテリアでもよく見られる。強度はあるけどゴツ過ぎず、逆にナイロンほど柔でもなく、撥水に優れ、軽く、色落ちもまったくない。機能性と装飾性のバランスのちょうどいいところにあり、通常の帆布とはまた違う独特な雰囲気を持ち、はっきりした色なのにド派手にはならず上品に出るため“大人のカジュアルバッグ”を的確に表現します。

BAGGYPORTブランド紹介
CONTESSA コンテッサ
バギーポートの新ブランド「コンテッサ」は、伯爵夫人を意味する言葉の通り、他の人が持つものでは満足しないような、いいものを知っている大人の女性をイメージした。庶民臭くないものを持ちたいという伯爵夫人の願望を叶えるため、市場にないものを買いやすい価格で提案する。
 そのためシーガルシップ同様、素材からこだわって作り込んでいる。馬革ヌメの塩縮加工や牛革オイルヌメワックスに手塗りでムラ染めを施すなど、他にはない手の込んだ加工を追求。ラインやディテールなど随所に馬のイメージを取り入れ、小物からバッグまで、伯爵夫人の持ちたいものをデイリーに表現します。







直営店情報 ZOZOTOWN店OPEN バギーポートの5ブランド バギーポートfacebook公式ページ
 
会社概要 お問合せ Copyright (C) 2006 BAGGYPORT. All Rights Reserved.